2022/11/11

サブスクビジネスにぴったり!サブスクリプション販売管理システムおすすめ5選

オンプレミス型のツールからSaaSへと移行する中、サブスクリプションビジネスはますます需要が高まることでしょう。

しかし、サブスクリプションサービスは利用する顧客によって料金プランが細かく分類され、契約状況や利用状況がわかりにくくなることがあります。
サブスクリプション販売管理システムを導入することで、煩雑化しやすいサブスクリプションの課金管理などがスムーズに行えるようになります。

この記事では、サブスクリプション販売管理システムができることや特徴などについてまとめました。

サブスクリプションビジネスで他社と差をつけたい方は、ぜひ、最後までご覧ください。


サブスクリプション販売管理システムでできること


サブスクリプション販売管理システムを利用すると、月額課金制・従量課金制でサービスを提供するサブスクリプションビジネスの管理・運用が効率よくできるようになります。

どのようなことができるのか、次項で詳しくご紹介します。


販売業務の効率化をサポート


サブスクリプション販売管理システムは、販売業務を効率よくサポートします。

見込み顧客管理や見積書・契約書作成など、販売業務はさまざまなものがあります。
それらの業務を人の手で行っていては手間がかかり、ミスも発生することでしょう。
サブスクリプション販売管理システムで管理をすれば、見積書・契約書作成や請求書発行などが簡単に行うことが可能です。

また、人の手によるミスも抑制され、効率のよい販売管理をすることができます。


個人情報管理を適切に行い、受注・利用状況を見える化


サブスクリプション販売管理システムを利用すると顧客情報の管理が適切に行えるようになり、受注や利用状況が一目でわかるようになります。
可視化された情報は、売上拡大や顧客満足度アップのための判断材料になります。


複雑な課金料金の計算


サブスクリプション販売管理システムは、サブスクリプションサービスによる複雑な課金料金も計算可能です。

サブスクリプションサービスは顧客によって利用している料金プランが異なり、料金計算をExcelなどの表計算ソフトで行おうとすると、作業が煩雑化して手間がかかります。

サブスクリプション販売管理システムは、従量制・定額制などの料金計算はもちろん、日割り、キャンペーン価格などにも対応します。
もちろん、あとから追加や訂正することも可能です。


サブスクリプション販売管理システムを利用すべき理由とは?


サブスクリプション販売管理システムを利用すべき理由は主に2つ挙げられます。


サブスクリプションビジネスはさまざまな管理業務が発生するから


サブスクリプションビジネスは、顧客情報の管理やプラン変更の対応、サービス申込の受付や料金請求など、さまざまな業務が発生します。
これらの作業を人の手で行うと、多くの時間や人件費が必要になります。

サブスクリプション販売管理システムでは、これらの作業を自動的に行うので、大幅な効率化に繋がります。


サブスクリプションの料金プランは細かく分類されるから


サブスクリプションサービスの料金体系は、従量課金制・月額利用料金・年間契約など、多岐にわたります。

さらに、サブスクリプションサービスの利用開始のタイミングによっては、日割りで料金が発生する場合もあります。

料金計算を人の手で行うことは、時間がかかるだけでなく、ミスが起こる可能性もあります。
顧客に正しい料金を請求するためには、サブスクリプション販売管理システムの利用をおすすめします。


サブスクリプション販売管理システムの主な種類と特徴


サブスクリプション販売管理システムには主に2つの種類があります。


作業効率化に特化したシステム


「請求書発行の手間を減らしたい」「商品管理の手間を省きたい」と言った要望に応える、作業効率化に特化したサブスクリプション販売管理システムです。
主にバックオフィス系の業務を自動化します。


請求書発行などのバックオフィス業務に特化

サブスクリプションサービスにおいて、顧客の利用金額の計算や請求書発行など、バックオフィス系の業務は、多岐、多量なものとなります。

しかしそれらの業務は、サブスクリプション販売管理システムによっては、大幅に自動化する事が可能となります。
複雑な料金体系やキャンペーン価格に対応できるサブスクリプション販売管理システムもありますので、提供サービスに最適なシステムを導入しましょう。


顧客管理も可能

サブスクリプション販売管理システムによっては、請求書発行などの業務の他に、顧客管理等も一元的に備えたものがあります。
一元的な請求管理と販売管理、顧客管理の連携で、業務の効率化が大幅に進みます。

それぞれの契約先で柔軟に価格や条件を設定・管理できるのも特徴の1つです。


顧客のサービス利用の継続等、営業面に特化したシステム


サブスクリプション販売管理システムの中には、顧客のサービス利用の継続促進や新規顧客獲得など、営業面に特化したものもあります。


決済機能が豊富なシステム

顧客が希望する決裁手段はさまざまです。
顧客が希望する決裁手段に対応できない場合、新規顧客の取り逃がしや、既存顧客のサービスの解約に繋がります。

クレジットカードはもちろん、QRコード決済や銀行振込など、多岐な決裁手段への対応は、顧客満足度の向上にも繋がります。
サブスクリプション販売管理システムによっては、このような様々な決裁手段に対応できるものもあります。営業面を重視し、顧客のニーズを優先する場合は、このタイプのものを導入しましょう。


細かい料金体系にも対応可能

サブスクリプション販売管理システムには、料金の日割り計算等、細かい料金体系に対応できるものもあります。

一時停止や再開で日割りの料金が発生するサブスクリプションサービスでは、このタイプのシステムを導入すると良いでしょう。


サブスクリプションビジネスに適切な販売管理システムの選定ポイント


サブスクリプション販売管理システムの選定ポイントを説明します。


現在行っている業務が自動化できる機能が含まれているか


サブスクリプション販売管理システムで現在行っている業務が自動化できるか、事前に確認するようにしましょう。
サブスクリプション販売管理システムにもそれぞれ特徴があります。最適なものを導入しましょう。

そのためにも事前に、業務のどこをどのように効率化したいのか、改善したいのかを、整理しておくと良いでしょう。


サービスの利用料金は適切か、事前に試算して見積もりを取る


サブスクリプション販売管理システムは、初期費用や月額利用料がかかります。

導入の検討において見積もりを取る際は、いまの顧客数や、今後の新規獲得顧客の見込み数、効率化したい業務を整理しておき、管理システムのベンダー側から最適な見積もりを取るようにしましょう。


すでに利用している外部サービスと連携可能か


サブスクリプション販売管理システムを外部システムと連携できると、作業効率が飛躍的にアップします。

すでに利用しているシステムがある場合、連携可能か必ずチェックするようにしましょう。
連携ができることで、より効率的な販売管理が可能となります。


サブスクリプション管理システムおすすめ5選


サブスクリプション販売管理システムの中でおすすめの5つを紹介します。

※価格はすべて税抜き


CollaboOne

CollaboOneは、煩雑化しがちなサブスクリプションビジネスをワンストップで管理できるツールです。

特徴必要な機能がワンパッケージで揃っているので、すぐにサブスクリプションビジネスを開始できる
自ら運用し、ユーザーの視点から機能とコストを両立
料金for Sales(営業支援)3,980円/月~
for Mangagement(業務管理)4,980円/月~
for Billing(請求管理)20,000円/月~
導入事例 大手通信企業など多数

出典:CollaboOne


Subsphere(サブスフィア)

Subsphere(サブスフィア)はNTTグループのノウハウが凝縮されたサブスクリプション販売管理システムです。

特徴NTTグループが培った経験や知見を生かし、顧客のさまざまなニーズに対応
ビジネス開始までの時間を大幅に短縮可能
料金Type A
初期費用400万円~
月額料金20万円~

Type B
初期費用150万円~
月額料金15万円~
導入事例大手製造会社・大手通信企業など多数

出典:Subsphere


KIMERA

KIMERAは、請求書作成業務に特化したサブスクリプション販売管理システムです。

特徴請求書メールを1クリックで送信可能
売上計上や債権回収も漏れなく行える
料金無料プラン
初期費用・月額料金:0円

スタンダードプラン
初期費用・月額料金:要問い合わせ
導入事例コンサルティング企業・IT関連企業など多数

出典:KIMERA


楽楽販売

楽楽販売は、「脱Excel管理」を可能にしたサブスクリプション販売管理システムです。

特徴Excelなどの表計算ソフトで行っていた業務の自動化・効率化ができる
それぞれの企業に応じた仕様にカスタマイズ可能
料金初期費用:150,000円~
月額料金:60,000円~

※詳細は要問い合わせ
導入事例航空会社・自動車製造会社など多数

出典:楽々販売


Stripe Billing

Stripe Billingは、さまざまな決済方法に対応したサブスクリプション販売管理システムです。

特徴従量課金制から固定料金までさまざまな料金プランに柔軟に対応
決済方法が豊富で135種類以上の通貨に対応している
料金Starter(継続支払い)
0.5%

Scale(継続支払いおよび 1 回限りの請求書の支払い)
0.8%
導入事例コンサルティング企業・IT関連企業など多数

出典:Stripe Billing


サブスクリプションの販売管理はシステムに活用すべき

サブスクリプション販売管理システムを導入すると、作業の自動化により、業務コストの削減に繋がります。

また、受注状況や顧客のサービス利用状況が可視化でき、そこから精緻な販売戦略を立案する事で、売上アップに繋げることも可能です。
DX化の加速でITや通信の提供方法が多様化する中、サブスクリプションビジネスはますます活性化していくことが予想されます。

他社に差をつけるためにも、サブスクリプション販売管理システムの導入を検討してみるのはいかがでしょうか。

サブスクビジネスをワンストップでサポートする「CollaboOne」

CollaboOneは、サブスクリプション(月額課金)のビジネスを行っているすべての企業様におすすめなクラウド業務管理ツールです。


CollaboOneの4つのおすすめポイント

・見込案件、受注状況、売上見通しなど、あらゆる情報を一元管理

・煩雑なバックヤード業務をまとめて自動化

・二段階定額、従量課金、料金プランの変更やキャンペーンなどの複雑な料金プランにも対応

・請求書は電子帳簿保存法に対応。インボイス制度対応も相談可能


月額課金制サービスの立ち上げ相談から、既存ビジネスの運用改善まで、豊富なノウハウを持つ専任スタッフが、手厚くサポート。
効率的な運用が可能になり、導入後は売上拡大に専念できます。


詳しい資料はこちらから